みんなの歯を美しくする裏側矯正はどんな治療?

矯正は歯の機能をより高める

歯並びが悪いと、物をうまく噛めなかったり、発音に支障が出たりと見た目だけでなく機能面でも様々なトラブルを引き起こします。とはいえ、矯正治療をしたくても見た目が気になるという方もいるので、今話題の裏側矯正の特徴を比較でチェックしましょう。

矯正治療の比較

裏側矯正

発音のしにくさを感じますが、大体は慣れます。裏側に装置をつけるので、口内炎の心配はほぼありません。矯正していることも、言わなければ気づかれないでしょう。

表側矯正

発音の問題はなく、普段通りで会話を楽しめます。ただ、装置があたる箇所には、口内炎ができやすくなります。装置も目立つので、矯正のことを突っ込まれる可能性が高くなります。

みんなの歯を美しくする裏側矯正はどんな治療?

インプラント

矯正治療は痛みを伴う

裏側矯正や表側矯正は、装置をつけた後強烈な痛みを伴うことがあります。ご飯が食べられないという方も出てくるので、痛み止めの処方が必要となるでしょう。歯が動いてくると次第に痛まなくなるので、慣れるまでの辛抱です。

院内

矯正中のインプラントについて

歯を動かしている最中に、欠損箇所へインプラント治療を施すケースがあります。抜歯矯正の場合、隙間が埋まらな場合もあるため、こういう症状の時もインプラントで対処します。またこれまで、一般の矯正治療では不可能だった症例には、インプラント矯正にて対応可能となっています。

ウーマン

矯正治療にかかる時間

表側矯正の場合、およそ2~3年。歯並びが極端に悪い場合はもっとかかります。裏側矯正は、平均治療期間3年で、表側矯正よりも治療期間が長引く傾向にあります。

歯

裏側矯正の魅力

表側矯正に比べて虫歯になりづらく、奥歯が動きにくいため前歯を引っ込めることが可能です。外部からの衝撃に対しても、裏側矯正だったらほとんどダメージがないので、装置が壊れるということはありません。

矯正治療を行なった人の声が到着しました

歯型

慣れるまで大変

接客の仕事をしているので、表側に装置を付けるのは抵抗がありました。なので、明石の歯科で裏側矯正をしました。昔の歯並びが思い出せないくらい、今も綺麗で満足しています。でも裏側矯正をしてから、慣れるまで結構時間がかかりました。喋りにくいし。でも、矯正をしていることは私がいうまで誰も気づきませんでした、そこはとてもよかったと思います。

食べかすを気にしなくていい

裏側に装置がついているので、食べかすがついていないか気にすることはありません。友達や彼氏とも食事に行けるし、口をあけて笑えるのは幸せですよ。違和感に慣れてしまえば、裏側矯正の方が絶対にいいです。

医師の腕が必要

裏側矯正は、表側矯正より難しい治療になるので医師の腕はかなり重要だなぁと思った。数か所カウンセリングにいったけど、経験薄い先生は裏側矯正の質問に詳しく答えてくれなかったなぁ。逆に浦柄矯正が得意な先生はこっちが言わなくても知りたい情報沢山くれた。今この先生の元で治療してるけど、確実に綺麗になってるし腕が光ってる。

広告募集中